今日本では、総理大臣が先頭に立ってGHQに押し付けられた憲法は改正すべき論が叫ばれています。しかし押し付けられたのは「軍隊を持たない、戦争をしない」の2つだけだと思うのですが。

テレビでの討論会を見ていると、自民党議員は皆、自衛隊は憲法違反ですか?今、自衛隊が憲法違反と思っている国民はいないですよね?と続けます。でもこれ、おかしくないですか?国民が憲法違反ではないと認識しているのなら、なぜ今更、わざわざ憲法を改正して自衛隊を明記する必要があるのでしょう?さらに「憲法には日本は自衛権を持たない」などとは書いていません。これはただ単に自衛隊を憲法に明記することによって、いつでも地球上で行われる戦争に参加できるようにしたいだけなのだと勘ぐってしまいます。

今までの自民党では大事なことが議論されるときは必ず自重論を唱える人達がいたものですが、現在の自民党議員たちは誰も異論を唱える人はいません。皆が右に倣え。まるで烏合の衆。したがってどんな法律でも無理やり作ってしまいます。しかし憲法改正では必ず、国民投票が行われますので、その時は、皆さんはしっかり考えた上での投票を行うようにしてください。